PMSの症状から解放されよう|サプリで辛い悩みを解決

女性特有のつらさ

女性

体のあちこちで感じる

生理が近付くと、イライラしたり、気分が落ち込みやすくなる人がいます。もちろん、そうではない人もたくさんいます。生理の直前からこのような症状が出る人は、PMSの可能性が高いです。このような症状が出なくても、PMSは200以上の症状があると言われているので生理前の体調不良があればPMSを疑ってみてください。精神的な症状以外にも身体的にも何らかの影響が出やすいです。腹痛や頭痛、腰痛などの痛みやだるい、疲れやすい、お腹や胸が張るなどいろいろあります。どれか一つだけではなく、頭痛も腹痛もあって、イライラするというように複合的に症状が出ることが多いです。これらが生理と関係しているとわかるだけでも気持ちは楽になるでしょう。

工夫して楽になる

誰もがPMSで苦しんでいるわけではありません。予防しようと思えばできます。少しでも生理を楽にするためには、食生活を変えたほうが良いです。和食中心が理想的です。ホルモンバランスを整えるものをなるべく食べたほうがいいのですが、和食はイソフラボンが入っている大豆製品をたくさん食べられるのでお勧めです。適度な運動も普段から取り入れてみてください。ウォーキングやヨガなど自分で続けられることで構いません。運動が苦手な人もウォーキングなら景色を楽しみながら続けられるかもしれません。体温が上がって血流が良くなると生理が近付いてもあまりPMSの症状が出なくなることもあります。これらだけでは効果がない場合は、医療機関を受診してください。病院まで行く時間がないという方は、栄養サプリメントを摂取するようにしましょう。最近はPMSを予防する効果のあるサプリが数多く販売されています。サプリは基本的に錠剤なので、簡単に摂取することができます。そのため、仕事が忙しい方などにおすすめです。ドラッグストアなどで購入することができますが、通販サイトから買うこともできます。まとめ買いすると割引してくれるサイトもあるので、どのようなサービスがあるのか確認してみるといいでしょう。

生理前の不調の原因

レディー

PMSは、月経前症候群と呼ばれるもので、女性の生理がはじまる約2週間前の身体の不調を指す言葉です。症状はさまざまで頭痛や吐き気、むくみ、睡眠障害などのほかイライラしたり躁鬱状態になるといったことがあります。一方で生理がはじまるとこれらの症状は自然に消えるのがPMSの特徴です。

もっと読む

月経前の心や体の不調

困る女の人

排卵後から月経前に現れる心身の不快な症状はPMS(月経前症候群)と呼ばれています。女性ホルモンの変動が原因ではないかと言われています。この時期は無理をせず、適度な運動をしたり、好きなことをして、リラックスして過ごすことがおすすめです。

もっと読む

生理前の女性の不調

目を閉じるレディー

PMSの症状はひとりひとり異なり、軽い腹痛や腰痛で済む人もいれば、起き上がれない程、重度の人もいます。ホルモンバランスの乱れがPMSの原因と言われています。軽減のためにはホルモンバランスを整えるサプリやピル、ハーブティーの摂取が有効であるとして人気があります。

もっと読む